Elina lyange ninze Kazuha! :)

青年海外協力隊でウガンダ派遣の青二才による漫談の場

最後の投稿

まんよーです。

 

f:id:mny9480:20200708133448j:image

 

お久しぶりです。

 

避難帰国して4か月近くが経ちました。

 

梅雨を経験するのは久しぶりで

雨と強風が続く日々で

ウガンダの雨季とは異なり

ジメジメした暑さも続いて

まだ体が日本の生活に

戻り切っていないなあ、と感じます。

 

九州では川の増水で

大雨被害が深刻化しているそうなので

気をつけてお過ごしください。

 

 

 

さて、結論から述べると

今回が最後の投稿となります。

 

というのも

隊員としての任期を

7月9日付で終えることとなったためです。

 

 

 

ひとまず

日本にいる間にも進展があったので

これまで通り書いていきたいと思います。

 

 

 

 

1. 井戸のフェンスが設置された

 

帰国してからは

ウガンダに戻れる可能性が低いと感じ

就職活動に向けてSPIとか

念のため英語の勉強をしたりしていました。

 

すると、カウンターパートとして

活動に1番携わってくれたチャールズから

 

“We have managed to put fences on 2 boreholes”

 

という連絡がWhatsAppで入りました。

 

f:id:mny9480:20200708133524j:image


f:id:mny9480:20200708133527j:image


f:id:mny9480:20200708133521j:image


f:id:mny9480:20200708133518j:image

 

これは元々

タイヤサンダル販売で得た収益を予算として

私と共に活動として行う予定だったものです。

 

ただ、避難帰国となったために

実現は難しいと思っていました。

 

フェンスは設置できないかなー

と日本で諦めていましたが

チャールズが指揮を執り

地域住民と共に水源を保護すべく

サンダルの収益と

彼らのポケットマネーを使って

作ってくれたそうです。

 

望んでいた形とは違うし

正直イメージしていたフェンスとは

違ってはいるけど

彼らなりに考えて

そして私の意志を引き継いで

ロックダウンの中で頑張ってくれたのは

本当に嬉しかったです。

 

もしかしたら

このフェンスはすぐ壊れるかもしれないし

壊れないかもしれません。

 

どうなるかはわからないけど

コロナ以前の状態に世界が戻ったら

絶対にマユゲに帰って自分の目で見て

彼らに感謝の言葉を伝えたいです。

 

 

 

 

2. 任期延長→延長取り消し

 

実は、任期延長の申請をして

7月で終える予定だったものを

12月末までとしてもらっていました。

 

しかし、今回のコロナの影響で

他の隊員を含め

決まっていた延長が

取り消しとなってしまいました。

 

本当に悔しいのですが

受け止めるしかありません。

 

元々の任期終了日だった

7月9日で満了となります。

 

もう隊員ではなくなり

切り替えて次の進路に進みます。

 

 

 

というわけで

隊員生活が終了しました。

 

長かったようで短かったし

不完全燃焼となってしまいました。

 

ウガンダでの生活は

正直かなり不便だったけど

不便な環境の中で

どうやってやりくりするか

生活の知恵も少しは学べたと思います。

 

ウガンダ人のことは

最初は得意ではありませんでした。

 

アジア人だからって

“Where are you from?”

からではなく

“Chinese!”

と最初から決めつけて

国に帰れとか言われたりもしました。

 

それでも

私は日本人で

ボランティアとしてここに来ているんだよ

と説明すれば誤解も解けて

お互いの国の話などもできて

仲良くなって友達もできました。

 

f:id:mny9480:20200708133627j:image

 

f:id:mny9480:20200708133713j:image

 

f:id:mny9480:20200708133729j:image

 

f:id:mny9480:20200708133750j:image

 

彼らとの突然の別れは

あまりにも残酷で

悲しいものでしたが

また彼らと元気に会えるのを楽しみに

日本でしばらくやっていきたいと思います。

 

 

 

全世界の隊員が全員

避難帰国となったり

在外事務所の職員も

ほとんどが帰国して

JICA史上初の措置となり

本当に大変な経験をしましたが

関係者の方々が迅速に

対応してくださったおかげで

無事に日本に戻り元気に過ごせています。

 

また、ウガンダでお世話になった

事務所の職員のみなさんや

民間企業に勤める日本人の方々、

先輩・後輩隊員、

特に同期のみんなには

本当に感謝しています。

 

f:id:mny9480:20200708134244j:image


f:id:mny9480:20200708134238j:image


f:id:mny9480:20200708134241j:image


f:id:mny9480:20200708134234j:image


f:id:mny9480:20200708134247j:image


f:id:mny9480:20200708134250j:image

 

嫌になったりしたときも

みんなと会って話をしたり

遊んだりして気分転換できたり

活動のサポートをしてもらったおかげで

なんとか2年弱乗り切ることができました。

 

関わってくれたみなさん

本当にありがとうございました。

 

これからのことについては

まだ何も決まっていないけれど

いまはひとまず就活をして

社会人として頑張りたいと思います。

 

 

 

また、このブログは

ずっと残しておきます。

 

もし何か聞きたいことがあれば

ぜひコメントなりで連絡ください。

 

いろんなお話ができたら嬉しいです。

 

 

 

最後になりますが

文章力のない私のブログをいつも読んで

応援してくださったみなさんには

本当に感謝しています。

 

今後ともよろしくお願い致します。

 

 

 

それでは。

 

 

f:id:mny9480:20200708134315j:image

 

 

避難一時帰国②

まんよーです。

 

f:id:mny9480:20200511133812j:image

 

避難一時帰国して

もうすぐ2ヶ月が経とうとしています。

 

みんな元気にしてるのかな。

 

f:id:mny9480:20200511133921j:image

 

最近のことですけど

まともに出かけられず

家にずっといても息が詰まっていて

伸びた髪をどうしようか考えていたので

パーマをかけてみました。

 

f:id:mny9480:20200511133257j:image


f:id:mny9480:20200511133254j:image

 

人生初のパーマ、不思議な気分です。

 

あと、母の日のプレゼントに

マグカップを。

 

f:id:mny9480:20200511133408j:image

 

当たり前のようにこんなこと書いてますが

ちょっと前まではウガンダ

全く違う環境での生活をしていたのに、

もうすでに日本での生活に慣れていて

怖いなと感じます。

 

さて、日本に戻ってきてすぐの頃は

「すぐウガンダに戻れるかな」

とか思っていたけど、

どうやらその可能性は極めて低くなっています。

 

緊急事態宣言が5月末まで延びて

私が知っている日本の日常も

ウガンダでの日常も

また少し遠のいてしまっています。

 

先が見えず不安が募る日々で

何をモチベーションに毎日過ごすべきか

わからなくなってしまっています。

 

「戻れない」という通達が

JICAから正式に届いた時のことを考えて

就活も徐々に始めてはいますが

どうもやり切れません。

 

興味がある、

もしくは働いてみたいと思う企業への

志望動機を書いてみても

そこで「いま」働く理由が見つからないからです。

 

協力隊派遣が中途半端な状態で

ストップしてしまったことが

相当キツいんだと思います。

 

協力隊の任期をしっかり終えて

日本に戻ってこれまで何をしてきたか

しっかり振り返るなどして

時間をかけつつもやりたいことをハッキリさせて

就活に臨むかと思ったら

今回の展開です。

 

COVID-19の影響で

就活難な状況ではあるし

どうなるかわからないので

たまに不安にやられて狂いそうになりますが

ソワソワしていても仕方ありません。

 

ひとまずは

大学の時に通らなかった就活への道に進んで

働きたいと思う企業の研究をして

自分が2年近くで得た経験から

どんなことができるか考えて

頑張ってみたいと思います。

 

落ち着いたら

居酒屋行って潰れたり

祭とかで楽しんだりしたいですね。

 

それでは。

退避一時帰国

お久しぶりです。

 

万葉です。

 

このご時世なので

ご理解いただけているとは思いますが

現在日本に「退避」一時帰国中です。

 

既に戻ってきてから3週間近く経とうとしています。

 

隔離期間中に記事を書いていたのですが

パソコンのブラウザが突然落ちるなど

萎えることがあったので

更新が遅れました…

 

すいません。

 

突然来た一時帰国のお知らせから

2日程度でウガンダを離れ日本に戻り

とある施設で自己隔離に徹していました。

 

ウガンダ隊員は無事に

全員日本に戻ってこれたということで

本当に良かったなと思います。

 

他国の隊員の話を聞くと

国境閉鎖等が影響し

戻ってこれていない人も

中にはいるということなので。

 

急速に事態が動く中で

皆がしっかり準備して

ウガンダを離れられたのは

奇跡であると感じるのと同時に

JICAウガンダ事務所の職員の方々が

迅速に対応してくださったおかげです。

 

さて、隔離期間も終わり

実家に戻りました。

 

現地でお世話になった

ボランティア調整員の方が

近くに住んでいるということで

任期延長の関係でどうしても

話したいことがあったので

公園で会ってきました。

 

f:id:mny9480:20200407130659j:image

 

桜も散り始めましたが

久々に感じる春は良いですね。

花粉症だけ困っていますが

夏の気候しかなく季節の変化も

しばらく楽しめないような環境にいたので

外の景色を見るだけで

テンションが上がります。

 

調整員の方とは色々な話ができて

今後の動き方についても

考えを変えていかなければならないような

状況になってしまったので

ひとまず1〜2週間はゆっくりして

外出自粛要請にもしっかり従い

やれることを地道に、でもダラダラのんびりと

やっていきたいと思います。

 

f:id:mny9480:20200407130643j:image

 

ドバイ空港内で撮ってもらった

同期の写真。

 

1人だけおらず

最後まで全員で写った

写真がない…。

 

次みんなが集まるのはいつになるでしょう。

寂しくなります。

 

以上、報告でした。

 

みなさんも

予防対策しっかりされてください。

 

個人的な意見ですが

先日の外出時に

マスクをせず出かけている人が

多く見受けられました。

 

もちろん、純粋に

マスクが手元にないという人も

いるかとは思いますが。

 

それでも、仕事や買い物は仕方ないとして

パチンコに行ったり

デートしたりしてる人もいて、

外国と比べるとあまりにも

危機意識が足りていないという印象です。

 

そんなんじゃ感染者は増え

終息も先になります。

 

政府の対策に批判をしてる人もいますが

国民の意識次第でも

状況は大きく変わります。

 

いまはしっかり堪えて

基本的に家にいるようにしましょう。

 

それでは。

ウガンダ生活・1年8ヶ月目

f:id:mny9480:20200310201823j:image

 

首都のドミで最近よく見かける猫です。

まつたけという名前になりました。

まっちゃんって呼んでます。

 

よくわからないけど

なんだか人懐っこい猫でかわいいです。

 

まんよーです。

 

ウガンダに来て1年8ヶ月が経ちました。

早すぎます。

 

この1ヶ月は色々あり

活動は停滞気味でした。

 

今回もダラダラ書いていきます。

 

 

 

1. タイヤサンダル

 

サンダル作りが

活動の中心になっていたのですが

製作メンバーの体調不良や不幸により

なかなか集まることができず。

 

今月は5ペア程度しか作れていません。

 

3月からまた順調に

作っていければいいんだけど。

 

f:id:mny9480:20200310202235j:image

 

あと、いろいろあって

サンダルを日本へ20ペアも

送ることになりました。

 

Instagramのアカウントで

先着20名(1名様1ペアまで)という形で

予約を開始したら

告知したその日のうちに

予約が埋まりました。

 

嬉しかったです。

 

f:id:mny9480:20200310202454p:image


f:id:mny9480:20200310202448p:image

 

ただ、懸念しているのはコロナウイルスの影響。

 

この20ペアについては

ウガンダから日本まで

運んでくれる方がいるのですが

もしかしたらウイルスの影響で

その方の渡航自体がキャンセルに

なる可能性が出てきているため

その場合は延期または中止となります。

 

そうならないように

早く収束することを願う日々です。

 

 

 

2. 井戸のフェンス建設

 

12〜2月まででタイヤサンダルの収益が

かなり得られたこともあり

少しずつですが

井戸を保護するために

計画を始めています。

 

タイヤサンダルの活動目的には

収入向上だけではなく

マユゲ県内にある井戸を護るための

フェンス建設の予算確保も含まれています。

 

ということで、井戸を改めて見に行き

各井戸の水管理組合のメンバーと

話をして来ました。

 

f:id:mny9480:20200310203320j:image


f:id:mny9480:20200310203546j:image

 

上の2つの写真のようにフェンスがなくて

牛などが衝突するといったことが原因で

故障する井戸がマユゲ県内にはあります。

 

そういった事故を未然に防ぐための取り組みです。

 

フェンスを作るのには

サンダルの収益から全て賄おうとしていましたが

水管理組合のメンバーから

「話し合いの場を設けて理解を求めれば

いくらかコミュニティからも

お金を集められるかもしれない」

という提案を受けたので

今度ミーティングを開いて

中身を詰めていきたいと思います。

 

ようやくハード面の支援に関われる。

 

住民へのインパクトは

このような活動からでなければ

なかなか与えられないので

私にとってかなり重要な取り組みになります。

 

頑張ろう。

 

 

 

3. 改良かまど

 

改良かまどを作ろう、

という話をチャールズとしていますが

チャールズが忙しいのと

材料がなかなか見つからないのもあり

始めるまでに時間がかかっています。

 

私自身が何をするにしても

エンジンをかけるまで遅いので

こんな状況が続いてしまえば

中だるみしてしまいそうで不安です。

 

ささっとやってしまいたい。

 

「じゃあ1人でやればいいじゃないか」

という人もいるかもしれませんが

現地の人と一緒にやるから

意味があると思っています。

 

3月は2月と比べれば動けそうなので

こっから1ヶ月で追い上げます。

 

 

 

と、ここまでは活動についてでした。

 

ここからはつい最近のことを1つ。

 

 

 

4. コロナウイルスの影響

 

日本でも問題となっている

コロナウイルスに関連した話です。

 

日本にいる方々には

なかなか理解してもらえないかと思いますが

ウガンダにも影響はあります。

 

では、どういった影響なのでしょうか?

 

簡単です。

現地人による私達・東アジア人への

「ウイルス呼ばわり」です。

 

少なくともウガンダ人は

前から東アジア人を見かけたら

「チャイナ!」と声をかけてきます。

 

彼らからすれば見た目だけでは

判断が難しいというのはあるのでしょうが

私個人としては日本人としての

アイデンティティを持っているので

そもそも中国人と勘違いされるのにも

頭を抱えたりしていましたが、

今度はコロナウイルス扱いです。

 

コロナウイルスが歩いている」

コロナウイルス持ってるんだろ?近づくな」

なんていう扱いを最近は受けています。

 

マユゲ内ではそんなことないのですが

観光地のジンジャや

首都のカンパラ(特にタウン周辺)では

「チャイナ!」ではなく

コロナウイルス!」と

呼ばれるようになりました。

 

サンダルを置いているエンテベの店に

行こうとしていたので

タツに乗ろうとしたら

乗車拒否までされました。

 

タクシーパーク内での出来事だったので

大事になる前にその場を離れ

その日はエンテベに行くのを諦めました。

 

まあ、仕方ない。

感染したくないであろう気持ちもわかります。

私は1年8ヶ月もウガンダにいるので

そもそもウイルスなんてないのですが。

 

とはいえ、どうなんでしょう。

人種差別的な要素もあります。

 

例えば、イタリアでも感染は拡大していますが

欧米人に対しては「コロナウイルス!」だなんて

現地人は言ったりしていません。

 

それに対して東アジア人には

まあまあな頻度で言います。

 

そもそも、ウガンダ人には

反中精神が強いため(前に説明したので省略)

中国人に似た私達に対しても

彼らが言う「冗談」をふっかけてきます。

 

「冗談」ではなくバカにしているようにしか

私は思っていないのですが。

 

それはさておき。

 

コロナウイルスの感染拡大の中心地が

中国だったこともあり

ウガンダ人による中国人への

嫌悪感は高まるばかりです。

 

その流れにまあまあ巻き込まれています。

 

もう1度言いますが、まあ仕方ない。

 

でも、仕方ないで済ませるのも

違うかなとは思っています。

 

https://www.facebook.com/100010861451821/posts/1050669191971786/?d=n

 

上にあるリンクから

動画を見てみてください。

 

これが現状です。

 

もちろん、ウガンダ人全員か

そういった発言をするわけではありません。

 

優しい人達もいます。

 

寄り添ってくれる人達を中心に

ウイルスは持っていないということを

ちゃんと話して聞いてもらって

ウイルス扱いされないように

しなければなと思います。

 

このままの状況が続けば

いずれはヒートアップして

袋叩きにされても

きっとおかしくないと思うので。

 

そして日本にいる方々に伝えたいのは

日本にいる中国人に対して

コロナウイルス!」だなんて

言わないでください。

 

それは差別であり迫害でもあります。

絶対にしないでください。

 

これ以上、私達が海外で味わっている

つらい思いをしてほしくないのです。

 

どうか、そんなことだけはしないでください。

そんなことをしてもただ恥を晒すだけです。

お願いします。

 

 

 

今回は以上です。

 

次回更新までまた気を引き締めて

頑張ります。

 

 

ウガンダ生活・1年7ヶ月目

f:id:mny9480:20200212144924j:image


f:id:mny9480:20200212144930j:image

 

マユゲで同じ任地3人で集まって

串焼きと焚き火をしました。

 

串焼きはもう本当に美味しかったし

火を囲みながら喋ったりしたのは

いつもと違う雰囲気で

新鮮で楽しかったです。

 

万葉です。

 

任期も気づけば残り半年を切っています。

1年半以上もウガンダで過ごしているという

実感があまり湧きません。

 

帰国する頃には

夢でも見てたんじゃないか

なんて思ってしまいそうなくらいです。

 

さて、年を明けて最初の1ヶ月は

楽しくも頭を抱える日々を過ごしました。

 

今回もまとめていきたいと思います。

 

 

 

1. 2017年度3次隊送別会

 

私を含めた2018年度1次隊の

1個前の先輩方・2017年度3次隊が

任期を終えて帰国しました。

 

それに伴って首都・カンパラ

送別会が開催されました。

 

f:id:mny9480:20200212145833j:image


f:id:mny9480:20200212145826j:image


f:id:mny9480:20200212145830j:image

 

我々2018年度1次隊は

送別会の幹事だったので

みんなでお揃いのチテンジシャツを着たり。

 

f:id:mny9480:20200212150022j:image

 

いかつい。

 

翌日にはドミトリーからお見送りも。

 

f:id:mny9480:20200212145926j:image

 

2年間本当にお疲れ様でした。

 

この隊次が帰国したことで

私のいる隊次が最高隊次となりました。

 

もう先輩達がいないなんて考えられないです。

 

限られた時間の中で頑張って

これまで出会ったかっこいい先輩方のように

日々を充実させれたらな、と思いました。

 

 

 

2.  活動の進捗

 

なんて思っていたら

活動をするにあたって少し問題が。

 

送別会のあたりに

活動の相棒であるチャールズから

電話がありました。

 

その内容は

 

「サンダルの製作メンバー3人が

マラリアにかかった」

 

「息子の心臓病がひどくなり

国外搬送になった」

 

といったものでした。

 

つまり、活動がしばらく

やりづらい状態になったのです。

 

製作メンバーはチャールズを入れて

計6人いますが、その半分がやられてしまい

チャールズも関わりづらい状況となり

問題のない他の2人だけで作業するのは酷で

しばらく休みもなかったということから

少しお休みを取らせてほしい、

と言われてしまいました。

 

こればかりは仕方ないと思い

ちょっとの間は

パソコンで作業したりして

どうにか時間を繋いできました。

 

1年7ヶ月が経過した日あたりに

ようやくみんなのコンディションが

良くなったということで

作業を再開しています。

 

f:id:mny9480:20200212150843j:image


f:id:mny9480:20200212150847j:image


f:id:mny9480:20200212150837j:image

 

遅れが出てしまった分

どうにか取り返していきたいですね。

 

あと、同期の紹介で

マユゲのお隣・ジンジャに

最近できたお土産屋さんまで行ってみました。

 

デンマーク人がオーナーのお店です。

 

f:id:mny9480:20200212151159j:image


f:id:mny9480:20200212151206j:image


f:id:mny9480:20200212151155j:image


f:id:mny9480:20200212151203j:image

 

サンダルの販路拡大を検討していたので

観光客も多いジンジャでなら

売り上げは期待できると考えてます。

 

実際にオーナーとも直接話ができたので

3〜4月中には売り始めたいところです。

 

他にもかまど普及の関係で

誰も作ったことがないことから

材料を集めたりして

実験の準備をしたりしています。

 

来月には実際に

改良かまどを広め始められるようにしたいです。

 

 

 

今回は以上です。

 

日本では新型コロナウイルスが起こり

東アフリカではバッタの大量発生が起こっています。

 

どの国もいろんな問題を抱えていますね。

 

みなさん体調にはお気をつけください。

 

それでは。

ウガンダ生活・1年6ヶ月目

f:id:mny9480:20200110034025j:image

 

新年明けましておめでとうございます。

本年もよろしくお願い致します。

 

同期と新隊である2019年度2次隊の方々と

マユゲの隣に位置する都市・ジンジャで

新年を迎えました。

 

ライトアップされた橋から花火を見て

良いスタートになったと思います。

 

f:id:mny9480:20200110034321j:image


f:id:mny9480:20200110034311j:image


f:id:mny9480:20200110034317j:image


f:id:mny9480:20200110034314j:image


f:id:mny9480:20200110034305j:image

 

新隊にとっては初めてのジンジャだったので

少し歩いたりしてみたり。

 

f:id:mny9480:20200110034351j:image

 

同期がお餅を持っていたので

元日に食べたりもして

楽しかったです。

 

今年はオリンピックイヤーですね。

個人的にはあまりオリンピックには興味がないのですが

きっと盛り上がることでしょう。

 

オリンピックが開催されることによって

問題もちらほら見受けられますが

今年はどんな年になるのでしょうか。

 

楽しみですね。

 

 

さて、今年もだらだらと書いていきます。

 

目次作るの億劫になりました。

すいません。

 

では、ご拝読ください。

 

 

 

1.2019年度2次隊着任

 

先回のブログにも書きましたが

12月に入って短期・シニア込みで

新たに18名の新隊員がウガンダに着任されました。

 

f:id:mny9480:20200110034422j:image

 

ウガンダ隊も50人を超えました。

多すぎてドミもキャパオーバーしてます。

 

多い。

 

今回の隊次に初めての北部派遣の方々がいます。

それに伴い、いままでは制限されていた北部渡航

ついに解禁されました。

 

いずれ時間を作って行ってみようと思います。

 

一気に人数が増えて

どんな活動が展開されて

どれだけ盛り上がっていくか

楽しみですね。

 

先輩隊員として

もっと頑張らないといけないですね。

頑張ります。

 

 

 

2.安全対策協議会

 

JICAウガンダでは毎年12月に

安全対策協議会が企画され

今年も首都カンパラで開催されました。

 

内容としては

 

犯罪・事故被害の事例紹介

ウガンダにおける安全上の注意点

テロ等緊急時の対応

 

などなど。

 

私は今回の協議会で

8月にあったバイク乗車中の事故について

話す機会を設けられました。

 

f:id:mny9480:20200110034444j:image

 

2分程度のものだったので

どこまで伝わったかはわかりませんが

被害当時の画像も見てもらったので

深刻さだけは伝えられたかと思います。

 

何が起こるかわかりません。

 

残りの任期も充分に注意して

安全に過ごしたいところです。

 

 

 

3.第4回バスケ開催

 

9月ぶりにバスケをしました。

 

今回は隊員メイン(新隊からは10名も…)で

その他JICA事務所の職員の方々や

あしながの学生の方々など

約20名でのバスケとなりました。

 

参加人数が多くて

幹事としてはかなり嬉しかったです。

 

が、始める前に事件が。

 

当初予約していた会場が

全く準備されておらず。

 

f:id:mny9480:20200110034507j:image

 

急遽別の施設に電話で問い合わせ

どうにか会場を確保できたので

ギリギリ開催できた、という感じでした。

 

みんなのことを振り回してしまったし

会場側の責任とはいえど

かなり申し訳なかったです。

 

そんなこともありますね、ウガンダだもの。

 

バタつきましたが

無事に開催できました。

 

f:id:mny9480:20200110034909j:image


f:id:mny9480:20200110034854j:image


f:id:mny9480:20200110034857j:image


f:id:mny9480:20200110034901j:image


f:id:mny9480:20200110034905j:image

 

みんなに楽しんでもらえたようだし

そのあとの食事会も楽しかったです。

 

 

 

4.クリスマス休暇

 

クリスマスの週はずっと休みでした。

 

サンダルの製作メンバーもクリスマスは大事で

新年から頑張ろうということで

年が明けるまで暇となってしまい

しばらく忙しかったので

その分とことん休んでやろうと思い

カンパラでだいぶのんびりさせてもらいました。

 

新隊の一部の方々には

毎晩飲みに付き合っていただいたり…

楽しかったです。

 

クリスマス当日に

新隊からタウンと呼ばれる地域を

案内してほしいと言われ

一緒に行ったのですが

店があまり開いておらずびっくりしました。

 

どこもクリスマスムードでしたね。

 

f:id:mny9480:20200110035000j:image

 

特に変わったこともせず

夜もまあまあ飲んでました。

 

年越しも含め毎日飲んでた気がする。

 

楽しかったです。

 

 

 

5.㊗タイヤサンダル、ウガンダ国外へ

 

クリスマスシーズンに

マラウイ派遣の同期隊員が

ウガンダに来ていました。

 

その彼が

「サンダル買います」

と1ペア買ってくれました。

 

f:id:mny9480:20200110035042j:image

 

純粋に嬉しかったです。

 

また会えるのを楽しみにしてます。

 

f:id:mny9480:20200110035115j:image

 

また、任国外旅行をしたウガンダ隊の協力もあり

他の国の隊員から注文されていたサンダルも

無事に届けてもらうことができました。

 

f:id:mny9480:20200110035513j:image

 

いまも数ペアですが

他国隊員から注文が入っています。

 

どうにかして届けられるように

頑張ります。

 

 

 

今回はここまでです。

思ったより長くなりました。

 

年が明けたので

そろそろ新しい活動にも着手したいと思います。

 

残り半年、何ができるでしょうか。

 

サンダルだけでもかなり大変ですが

色々頑張りたいと思います。

 

それでは。

 

f:id:mny9480:20200110035556j:image

 

P.S.

ドミに来た猫がかわいかった。

今月末ついになめこを飼い始めます。

ウガンダ生活・1年5ヶ月目

f:id:mny9480:20191205043057j:image

 

カウンターパートのチャールズの家にいた

子猫のなめこ

 

活動の関係で彼の家に行ったら

なめこがいなくて

「俺が引き取る予定なのにどうしたの?」

と話したら

「子供達がこの子をいじめててかわいそうだから

叔父に預けてるから安心して」

とのことでした。

 

確かに、子供達のなめこの扱いは

思わず引っ叩いて説教したくなるようなこともありました。

 

ビニール袋の中になめこを入れて

袋を閉めて引きずり回すなど…

 

年内の引き取りは予定が各地で詰まっていて

なかなか難しいので

年明けから引き取る予定でいますが

できるなら年内にします。

 

 

 

さて、更新が遅れました。

ここ1ヶ月もバタバタというか

色々ありましたし

そのせいか体調を崩し

何年かぶりに39度の熱が出ました。

 

忙しすぎるのも良くないです。

みなさんご自愛ください。

 

では、今月分まとめます。

 

目次

 

 

1.ボランティア調整員 離任

 

これまで担当してくださっていた

ボランティア調整員の方が

11月末に離任されました。

 

それに伴って、その方のお宅で

送別会が開催されました。

 

f:id:mny9480:20191205044002j:image

 

私がダメすぎたときも正面から指導してくれて

チャールズと私を繋いでくれて

軌道に乗り始めた活動のことも応援してくれて

本当に良くしてもらいました。

 

この方がいなければ

冗談抜きで任期短縮を選んでいたと思います。

 

感謝してもしきれません。

 

送別会ということもあり

ささやかながらタイヤサンダルを

プレゼントさせていただきました。

 

このプレゼントはチャールズが前もって提案してくれました。

彼もこの調整員さんとの付き合いが長く

色々お世話になったということで

感謝の気持ちを伝えたかったそうです。

 

 

本当にお世話になりました。

ありがとうございました。

 

 

 

2. カンパララソン出場

 

送別会の翌日には首都のカンパラ

ラソンに参加する予定でいましたが

会の終了時刻も遅くなってしまい

お酒もそれなりに入って楽しんでいたので

眠気がない状態でドミトリーに戻ったら

参加予定者は私以外すでに就寝していたという

軽い事故が起きました…笑

 

1時間程度でしょうか、寝れたのは。

夜中にはみんな起きて準備していて

準備する音に起こしてもらい

朝早くにドミを出てスタート地点に向かいました。

 

f:id:mny9480:20191205045031j:image

 

顔がまじで眠そう。

 

ちなみに、運動はあまりしていなかったので

10kmでいいだろうと考えていましたが

かくかくしかじかで

ハーフマラソンに出ていました。

 

半分過ぎたあたりからでしょうか。

なぜハーフにしたんだろうと後悔しました。

そもそも体力がないので

途中もまあまあ歩いていたのですが

終盤は足の痛みとの戦いが続きました。

 

時間こそかかったものの

とりあえず完走(?)はできたのでよかったです。

 

f:id:mny9480:20191205044957j:image

 

終わってから数日間は筋肉痛を、

いまは右膝の痛みを抱えています。

 

もうマラソンはしんどすぎて

出たいなんて全く思いませんが

良い思い出ができました。

 

 

 

3. タイヤサンダル販売in日本祭り

 

着々と進んでいるかのように思える

タイヤサンダルの製作。

 

実は水面下で難航していました。

 

11月は販売段階に至らなかったため

材料費の確保などが難しかったことと

何よりも不安定な天候が影響していて。

 

最近は雨が頻繁に降っており

先日は夜中3:00くらいから昼過ぎまで

ほぼ半日雨が降るという

ウガンダでは珍しいことが起こりました。

 

おかげでなかなかフィールドにも行けず

生産量も目標に追いついておらず

みんなで頭を抱えていました。

 

しかし、どうにか目標数を作り終え

12月7日(土)に首都で開催された「日本祭り」で

サンダルの販売を行いました。

 

こういったイベントに参加する機会は

なかなかないので

カウンターパートのチャールズにも

カンパラに来てもらい参加してもらいました。

 

f:id:mny9480:20191216171256j:image


f:id:mny9480:20191216171301j:image

 

結果は24ペア中11ペアをご購入いただきました。

 

目標は12だったのであと1ペア届かなかったけど

それでも商品のバックグラウンドなどを

理解していただいた上で買っていただけたので

本当に嬉しかったです。

 

今回の販売で得た利益は

・製作メンバーの収入

・材料費

・井戸保護用のフェンス建設

として大切に使わせていただきます。

 

 

 

今回はここまでとさせていただきます。

12月に入り新隊員の方々が

ウガンダに着任されました。

 

f:id:mny9480:20191216172046j:image

 

私はもうすぐ1番上の隊次となり

国内では大先輩隊員の立ち位置になります。

 

先輩としての威厳が保てるように

元気に過ごしながら活動頑張って

新年を迎えたいです。

 

最近、メンタル面が安定しません。

食事を摂ることが減ったり

生活リズムがしっかりしてないことも

きっとあると思います。

 

何かでストレス発散したいです。

 

元気に過ごしたい。

 

それでは。